Power Automate 「担当者をタスクに追加する(Planner)」アクション

「担当者をタスクに追加する(Planner)」は

既存タスクに担当者を追加するアクションです。

この記事では、その使い方を紹介します。

利用方法

フローにステップを追加する際に「Planner」コネクタを選択します。

「アクション」より「担当者をタスクに追加する」を選択します。

「担当者をタスクに追加する」ステップが追加されるのでオプションを設定します。

項目省略時の値説明
タスク ID省略不可担当者を追加するタスクを選択します。
コネクタのログインユーザーが担当者として
割り当てられているタスクが表示されます。

タスクは基本的に短期で完了して入れ替わるものであり
固定のタスクを指定し続けることは希であると考えられます。
よって現実的にはトリガーやアクションの動的なコンテンツで
タスク IDを取得して指定することが多いでしょう。
それには「カスタム値の入力」を選択してから動的なコンテンツを指定します。
割り当てられたユーザーID省略不可追加する担当者をOffice365 ユーザーIDか
メールアドレスで指定します。
すでに登録されているユーザーを指定した場合は、
何も起こりません。
(エラーもなく、タスクにも変化はありません。)

動的なコンテンツ

更新したタスクの情報を取得します。

項目種類説明
ID文字列タスクの一意識別子。
バケットID文字列バケットの一意識別子。
プランID文字列プランの一意識別子。
達成率整数タスクの進行状況。
・開始前 … 0
・処理中 … 50
・完了済み… 100
優先度整数タスクの優先度。
・緊急 … 0~1
・重要 … 2~4
・中  … 5~7
・低  … 8~10
参照数整数添付ファイルの数
作成者 ユーザー ID文字列作成者のOffice 365 ユーザー ID。
作成者 ユーザー 表示名文字列作成者の表示名。筆者の環境では空白でしたので
(環境によって異なる可能性があります)
Office 365 ユーザー」コネクタの
ユーザー プロフィールの取得」アクションで
表示名を取得しました。
タイトル文字列タスクの名称です。
開始日時文字列日時タスクの開始日時を取得します。
協定世界時のため日本の時刻への調整が必要です。
作成日時文字列日時タスクの開作成日時を取得します。
協定世界時のため日本の時刻への調整が必要です。
期限日時文字列日時タスクの期限日時を取得します。
協定世界時のため日本の時刻への調整が必要です。
完了日時文字列日時タスクの完了日時を取得します。
協定世界時のため日本の時刻への調整が必要です。
説明がありますブールメモに入力があるかを取得します。
・入力あり…True
・入力なし…False
ピンクブールピンクのラベルが設定されているかを取得します。
・設定…True
・未設定…空白(今後、変わる可能性あり)
ブール赤のラベルが設定されているかを取得します。
・設定…True
・未設定…空白(今後、変わる可能性あり)
ブール黄のラベルが設定されているかを取得します。
・設定…True
・未設定…空白(今後、変わる可能性あり)
ブール緑のラベルが設定されているかを取得します。
・設定…True
・未設定…空白(今後、変わる可能性あり)
ブール青のラベルが設定されているかを取得します。
・設定…True
・未設定…空白(今後、変わる可能性あり)
ブール紫のラベルが設定されているかを取得します。
・設定…True
・未設定…空白(今後、変わる可能性あり)
割り当てアレイ(配列)タスクの割り当てユーザの一覧が
アレイ(配列)として格納されています。

コントロールの「Apply to each」の中で
以下の動的なコンテンツを利用可能です。
・割当先のユーザID…担当者のOffice 365 ユーザー ID
・割当担当者のユーザID…割り当てた人のOffice 365 ユーザー ID
オーダーヒント

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-43.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-44.png

関連記事