Power Automate Desktop 偏差値を取得する方法

Power Automate Desktopで偏差値を取得する方法を記述します。

手順

日本で偏差値と言えば基本的に学力偏差値を指し、この式で算出されます。

=(得点平均点) × 10 / 標準偏差 + 50

Power Automate Desktopだけでは手間がかかるためExcelシートを活用します。

結果はデータテーブルに展開されます。

フロー全体

偏差値を算出したい数値のリストを用意します。

Excelの起動」を設置して「空のドキュメントを使用」で空ブックを作ります。

Excel ワークシートに書き込み」を2つ設置して作成した空ブックの1行目を作ります。

書き込む値は列名になります。ValueとDeviationにしていますが任意です。

項目1つめの設定値2つめの設定値
書き込む値ValueDeviation
書き込みモード指定したセル上指定したセル上
12
11

「変数の設定」を設置してRowCounterを作成し、初期値を2に設定します。

次に「For Each」でリスト変数をループさせます。

(反復処理を行う値にリスト変数を指定)

For each」の中に「Excel ワークシートに書き込み」を2つ設置します。

項目1つめの設定値2つめの設定値
書き込む値%CurrentItem%%’=(' + CurrentItem + '-AVERAGE(A2:A’ + (NumList.Count + 1) + '))/STDEV.P(A2:A’ + (NumList.Count + 1) + ')*10+50’%
書き込みモード指定したセル上指定したセル上
12
%RowCounter%%RowCounter%

続いて「For each」の中に「変数を大きくする」を設置してRowCounterを1ずつカウントアップします。

For each」 の外に「Excel ワークシートから読み取り」を設置して次のように設定します。

項目設定値
取得セル範囲の値
先頭列1
先頭行1
最終列2
最終行%RowCounter – 1%
範囲の最初の行に列名が含まれていますON

最後に「Excelを閉じる」でブックを閉じます。保存の必要は基本的にありません。

このフローを実行すると「Excel ワークシートから読み取り」の

生成された変数(初期設定では変数名ExcelData)の中に数値と偏差値が格納されます。

例として%[96, 91, 83, 75, 50]%を

対象に実行すると次のようなデータテーブルになります。

Power Automate Desktopを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,500ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

関連記事

実用例の記事一覧