Power Automate Desktop Excelブックにシート名の目次を作成する

2022年6月13日

シート名の目次を作成する方法を紹介します。

サンプルとして目次シートに作成します。

手順

Robin言語(コピー&ペースト用)

Excel.LaunchExcel.LaunchAndOpenUnderExistingProcess Path: $'''C:\\Test\\Test.xlsx''' Visible: True ReadOnly: False Instance=> ExcelInstance
SET IndexSheetName TO $'''目次'''
Excel.SetActiveWorksheet.ActivateWorksheetByName Instance: ExcelInstance Name: IndexSheetName
Excel.GetAllWorksheets Instance: ExcelInstance Worksheets=> SheetNames
SET Row TO 1
LOOP FOREACH CurrentItem IN SheetNames
    IF CurrentItem <> IndexSheetName THEN
        Excel.WriteToExcel.WriteCell Instance: ExcelInstance Value: $'''=HYPERLINK(\"#%CurrentItem%!A1\",\"%CurrentItem%\")''' Column: 1 Row: Row
        Variables.IncreaseVariable Value: Row IncrementValue: 1 IncreasedValue=> Row
    END
END
Excel.CloseExcel.CloseAndSave Instance: ExcelInstance

フロー作成(Robin言語を利用しない場合)

Excelの起動」で対象のブックを開きます。

項目設定値
Excel の起動次のドキュメントを開く
ドキュメント パス操作対象のExcelブック
「Excel の起動」のパラメーター設定

「変数の設定」を設置します。

変数名は任意ですが、今回はIndexSheetNameとしています。

値には目次を作成するシート名を指定します。

アクティブなExcelワークシートの設定」を設置します。

項目名設定値備考
Excel インスタンス%ExcelInstance%「Excel の起動」の生成された変数
次と共にワークシートをアクティブ化名前
ワークシート名目次目次を作成するシート名
「アクティブなExcelワークシートの設定」のパラメーター設定

すべての Excel ワークシートを取得」を設置します。

項目名設定値備考
Excel インスタンス%ExcelInstance%「Excel の起動」の生成された変数
「すべての Excel ワークシートを取得」のパラメーター設定

「変数の設定」を設置して目次の行を管理する変数を作成します。

変数名は任意ですが、今回はRowとしています。

値には1を指定します。

For each」を設置します。

「反復処理を行う値」に%SheetNames%(「すべての Excel ワークシートを取得」の生成された変数)を指定します。

For each」の中に「if」を設置します。

項目名設定値備考
最初のオペランド%CurrentItem%
演算子と等しくない(<>)
2番目のオペランド%IndexSheetName%目次のシート名(変数)
「If」のパラメーター設定

if」の中に「Excel ワークシートに書き込み」を設置します。

項目名設定値備考
Excel インスタンス%ExcelInstance%「Excel の起動」の生成された変数
書き込む値=HYPERLINK(“#%CurrentItem%!A1″,"%CurrentItem%")
書き込みモード指定したセル上
1目次を作成する開始行
%Row%
「Excel ワークシートに書き込み」のパラメーター設定

「変数を大きくする」を設置します。

項目名設定値備考
変数名%Row%目次の行を管理する変数
大きくする数値1
「変数を大きくする」のパラメーター設定

最後に「Excelを閉じる」を設置してファイルを保存します。

項目名設定値備考
Excel インスタンス%ExcelInstance%「Excel の起動」の生成された変数
Excel を閉じる前ドキュメントを保存
「Excelを閉じる」のパラメーター設定

このフローを実行すると指定シートに目次が作成されます。

Power Automate Desktopを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,700ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

活用事例集