Excel 割り算の結果の整数部を取得(QUOTIENT関数)

概要

演算子/を使用して割り算を行い、

結果に余りがあると少数となります。

それに対しQUOTIENT関数を使用すると

結果の整数部のみを結果として取得します。

余り部分はMOD関数で取得します。

この記事ではQUOTIENT関数の

仕様と実行例を紹介します。

仕様

QUOTIENT(分子,分母)

<分子>
割られる数を指定します。

<分母>
割る数を指定します。

実行例

結果はこのようになります。

0割は#DIV0!エラーし

アルファベットや漢数字のような

算用数字でない指定は

#VALUE!エラーとなります。

算用数字の半角全角は数値に変換され

空白も幾らか除去して対応してくれます。

QUOTIENT関数の引数別実行例。ゼロ割、余りのあるなし、空白あり、全角半角文字、漢数字

関連記事

掛け算と割り算の方法(四則演算)

関数の記事一覧