Excel 文字列で入力された数値や日時を数値(日時のシリアル値)データに変換(VALUE関数)

2019年7月31日

VALUE関数は文字列で入力された

数値や日付を文字列ではない、

数値や日時のシリアル値に変換します。

数値から文字列に変換する

TEXT関数の逆の機能です。

他のアプリケーションから

取り込んだ文字列状態のデータや

文字列操作関数で取得したデータを

変換して四則演算などの数式に

組み込めるようにするために利用します。

仕様

VALUE(文字列)
<文字列>
数値(日時のシリアル値)に変換したい文字列かセルを指定。

使用例

変換できない文字列が指定されると

#VALUEエラーとなります。

全角、半角、通貨と幅広く対応します。

和暦にも対応しますが

「元年」は「1年」とする必要があります。

VALUE関数の結果一覧

関連記事

類似機能:文字列からの変換関数

基本的にはVALUE関数を使用すればよいですが

言語圏が異なるデータの場合や

日付、時刻のみを切り出したい場合は

以下の関数が適しています。

様々な言語圏の数字表記(小数点やカンマ)の文字列を数値に変換(NUMBERVALUE関数)

文字列の日付をシリアル値に変換(DATEVALUE関数)

文字列の時刻をシリアル値に変換(TIMEVALUE関数)

活用例

VLOOKUP関数で頻繁に発生する問題と対処法

関数の仕様と使い方の記事一覧