Power Automate 「行の取得(Excel Online (Business))」アクション

2020年11月10日

「行の追加(Excel Online (Business))」はExcelのテーブルの行の内容を取得するアクションです。

この記事では、その使い方を紹介します。

利用方法

まず行を取得するExcelファイルを用意します。

追加する場所はテーブルにしておく必要があります。

今回の例ではコード、名前、価格の項目を持ち、

テーブル名が「商品テーブル」のファイルをサンプルとして用意します。

サンプル

次にフローにステップを追加します。

コネクタ「標準」より「Excel Online (Business)」を選択します。

OneDriveの接続先が設定されていない場合はログイン情報を設定する必要があります。

「標準」より「Excel Online (Business)」を選択

「アクション」より「行の取得」を選択します。

「アクション」より「行の取得」を選択

「行の削除」ステップが追加されるのでオプションを設定します。

項目説明
場所接続可能なOneDriveとSharePointの一覧が表示されるので
その中から行を取得するファイルのある場所を選択。
ドキュメントライブラリOneDriveの場合OneDrive、SharePointの場合、ドキュメントを選択
ファイル右のディレクトリアイコンのピッカーでファイルを選択。
ファイルパスに見えますが、表示だけで中身はIDです。
指定ファイルを削除してから、同名ファイルを作成しても別として扱われてしまいます。(再指定が必要)
テーブル「ファイル」の中に存在するテーブルの一覧が表示されるので
行の取得対象のテーブルを選択します。
こちらも名前でなくIDのため一度テーブルを削除して
同名テーブルを作成しても別として扱われます。(再指定が必要)
キー列テーブルを選択すると列の一覧が表示されるので
取得対象を検索する列を指定します。
キー値取得するキー列の値を指定します。

取得結果はその後のステップで動的なコンテンツとして使用可能です。

今回の例ではキー列がA-001の2行目が取得対象となります。

4行目もA-001ですが、最初に一致する1行のみが対象となります。

コードにはA-001、名前はさば、価格は5000が格納されます。

(この名前はExcelから自動抽出されます)

取得結果はその後のステップで動的なコンテンツとして使用可能

条件に一致するものがない場合、エラーとなります。

エラーすると途中でフローが停止してしまうため

それを避けたい場合は「表内に存在する行を一覧表示」と「条件」で

削除対象が存在するかを確認してから削除するか、

スコープで例外処理(エラー処理)を行う必要があります。

関連記事