Power Automate Desktop 基本的なExcel自動操作

2021年3月30日

Excelで転記を行う例で紹介します。

元あるファイルのセルの値を新規ファイルにコピーして保存します。

(行方向から列方向に変えています)

転記前元ファイル
転記先ファイル

作成手順

フローを作成して、次のようにアクションを設置します。

設定の詳細は順を追って紹介します。

まず「Excelの起動」を設置して、転記元ファイルを次のように指定します。

「インスタンスを表示する」がONだと実行中にExcelが表示され、OFFだと表示されません。

表示しないほうが動きが速いため、作成中はONにして、実運用ではOFF推奨です。

編集をしないため、「読み取り専用として開く」をONにします。

次に「アクティブなExcelワークシートの設定」を設置して、

「ワークシート名」に読み込むシート名、

「Excel インスタンス」には「Excelの起動」で生成された変数を指定します。

次にもう一つ「Excel ワークシートから読み取り」を二つ設置し、

Excelの指定セルの値を変数に取り込みます。

A1の値を変数「ExcelData1」に取り込む設定
A2の値を変数「ExcelData2」に取り込む設定

次に「Excelを閉じる」を設置します。

このアクションで転記元のファイル(Excel インスタンス変数のファイル)を閉じます。

次に「Excelの起動」で転記先ファイルを新規作成します。

「空のドキュメントを使用」にすると新規ファイル作成になります。

ファイル名は保存時に指定します。

「生成された変数」は転記元ファイルと別の変数名にしましょう。

次にもう一つ「Excel ワークシートに書き込み」を二つ設置し、

変数の値をExcelの指定セルの値に取り込みます。

変数「ExcelData1」をA1に書き込む設定
変数「ExcelData2」をB1に書き込む設定

最後に「Excelを閉じる」を設置し、転記先ファイルを保存します。

このフローを実行すると転記元ファイルの値をコピーして

転記先ファイルを作成します。

次の記事

基本的なブラウザー自動操作

関連記事

初心者向けの記事一覧