Excel 文字列の長さ(文字数)を取得(LEN関数)

2019年10月29日

LEN関数は指定文字列の

文字数を取得する関数です。

目で数えるよりも早く正確なため

それだけで大きな効果があり、

他の文字列操作関数との併用で、

更に高い効果を発揮します。

仕様

LEN(文字列)

<文字列>
文字数を数える文字列かセルを指定します。

使用例

半角・全角問わず1文字として数えます。

LEN関数の使用例

改行コードなど制御文字も

1文字とカウントされます。

よってセル内改行があると

それも1文字として加算されます。

改行コードも文字数にカウントされる例

関連記事

類似機能の関数

文字列の長さ(バイト数)を取得(LENB関数)

活用例

セルにファイル名とシート名を表示する方法

ある文字数を超えたらセル色を変更して検知する方法

2つの文字列が同じかを比較(EXACT関数)

FIND・FINDB関数で右(後ろ)からN文字目の検索する方法

文字列を逆さに並び替える方法

文字列が何個含まれているかを調べる方法

左または右(前または後ろ)からN文字削除する方法

文字列を左または右からN文字削除する方法

文字列から数字のみを抽出する方法

特定の文字列以前・以降・間の文字を抽出する方法

セル内改行をFIND関数で検索する方法

三崎優太さん(元青汁王子)関連企画の偽物判定機

関数の仕様と使い方の記事一覧

フォローする