Excel 検索条件に一致するセルの値を合計(SUMIF関数)

2020年5月15日

SUMIF関数は指定したセル範囲内で検索条件を満たすセルの

合計値を表示する関数でSUM関数の拡張版です。

SUMIF関数の上位版での複数条件を指定するSUMIFS関数も存在します。

仕様

=SUMIF(範囲,検索条件,合計範囲)
引数省略時の値説明
範囲省略不可検索条件の評価対象とするセル範囲を指定。
検索条件省略不可合計する条件を指定。
合計範囲範囲と同じ合計対象とするセル範囲を指定。
(条件と集計の範囲が異なる場合に指定)
合計範囲内で数値以外のセルは対象外。
各引数の詳細

使用例

例えば商品の中で特定のカテゴリの売上だけを合計するようなケースで使用します。

また特定の金額以上を合計といった大小比較が条件となる場合にも使用します。

集計元表

下記の表を参照するSUMIF関数を例示します。

集計元表
集計元表

特定の文字列に一致するデータを合計する例

C列の種類に一致する金額を集計元表から検索し合計する例です。

D列がSUMIF関数を使った合計結果です。

特定の文字列に一致するデータを合計する例
結果表

SUMIF関数を下記のようにセル指定します。

引数設定例
範囲集計元表の種類のセル範囲(絶対参照)
検索条件結果表の種類のセル(D14の行ではC14)
合計範囲集計元表の金額のセル範囲(絶対参照)
引数の設定例

範囲と合計範囲はコピーで位置が変わっても参照先の一覧表は変わらないため

コピーしても固定されるよう絶対参照で指定します。

ワイルドカードを使用する例

前方一致、部分一致、後方一致をワイルドカードの* (アスタリスク)を用いて実現可能です。

「犬」を含む文字を例に3種類を例示します。

  • 検索条件を数式に直接指定する例
  • 検索条件をセル指定する例1
  • 検索条件をセル指定する例2(ワイルドカードは数式で指定)
ワイルドカードによる部分一致の例
ワイルドカードによる部分一致の例

検索条件には"*犬*"という文字列を指定する必要があります。

“犬"をセル指定で実現したい場合は"*"を&で文字列連結し"*"&セル指定&"*"のように

数式を組む必要があります。

この例は部分一致ですが、*を後ろだけにすれば前方一致、前だけにすれば後方一致になります。

数値の閾値を設定して合計する例

特定の金額以上の合計を集計する例です。

D列がSUMIF関数を使った合計結果です。

数値の閾値を設定して合計する例
結果表

検索条件に比較演算子を指定して、特定数値以上や以下などの条件を設定することが可能です。

今回は範囲と合計範囲が同一のため合計範囲を省略してあります。

ここの例では1行目は400円以上の合計、2行目は1,000円以上の合計を出しています。

なお比較演算子は"(ダブルコーテーション)で囲み、文字列として扱う必要があります。

&(アンパサンド)は文字列連結演算子です。

D21の「">="&C21」は結果として">=400″と処理されます。

スピルを利用する方法とメリット

Office365やExcel2019以降ではスピルという形式で記述可能です。

これは複数セルに数式をコピーする場合に便利な機能です。

スピルの利用には引数2の検索条件を複数セルの範囲で指定します。

スピルでSUMIF関数を記述する例(D14セル)
スピルでSUMIF関数を記述する例(D14セル)

数式を入力するのは最初の一つのセルですが、

引数2で指定した高さ分、数式がセルのコピーなしで自動拡大されます。

D14に指定したSUMIF関数がD17まで自動拡大
D14に指定したSUMIF関数がD17まで自動拡大

スピルを利用することで今回の例では、

D14セルに入力するだけでよいため(D15以降にコピーペーストが不要)

以下のメリットがあります。

  • 入力の手間が少ない(数式のセルが多いほど効果が大きい)
  • 数式を編集した時、コピー忘れのリスクがない(最初のセルを更新すると全セルに反映)
  • 絶対参照が不要
  • 途中に行を追加した場合、数式のコピー&ペーストが不要。行削除でも壊れにくい。

関連記事

活用例

プラスの数値のみ合計する方法

1行おきに合計する方法

SUMIFS関数で特定の文字列を含む条件で合計する方法

SUMIF関数やCOUNTIF関数で「以上」「以下」を指定する方法

VLOOKUP関数で集計(合計・平均・個数など)を取得したい場合の対処方法

IF系関数の使い方・活用方法の記事一覧

関数の仕様と使い方の記事一覧