Power Automate 「パスによるファイルコンテンツの取得(Google Drive)」アクション

2020年8月5日

「パスによるファイル コンテンツの取得(GoogleDrive)」は

GoogleDriveの任意のファイルの内容(コンテンツ)を取得するアクションです。

このアクションで対象とするファイルは

GoogleドキュメントのようなGoogle Drive特有のファイルでなく、

一般的なテキストファイル、画像ファイル、Officeファイルなど、

そのままダウンロード可能なファイル形式に限ります。

この記事では、その使い方を紹介します。

前提条件

「Microsoft 365 Business」の「Standard」か「Premium」の契約が必要です。

利用方法

フローにステップを追加する際に「Google Drive」コネクタを選択します。

「標準」の少し下の方にあります。

「Google Drive」コネクタを選択

「アクション」より「パスによるファイルコンテンツの取得」を選択します。

「アクション」より「IDによるファイルコンテンツの取得」を選択

「パスによるファイル コンテンツの取得」ステップが追加されるのでオプションを設定します。

ファイルパスは必須項目でファイルパスを指定します。

キー入力でも右のディレクトリアイコンのピッカーでファイルを選択でも指定可能です。

IDによるファイル コンテンツの取得」と違い中身もファイルパスです。

指定ファイルを削除してから、同名ファイルを作成しても機能します。

オプションを設定

例えば下記のようなアクションやトリガーからファイルコンテンツは取得できます。

その後のステップで指定ファイルの内容を動的なコンテンツ「ファイルコンテンツ」として

ファイル作成ファイル更新に利用します。

ファイル名は動的なコンテンツで取得できないので固定で指定するか

別途、メタデータを取得する必要があります。

アクション・トリガー種類動的なコンテンツ
キー入力で固定指定
フォルダー内のファイルのリスト(OneDrive)アクション名前
パスによるファイル メタデータの取得(OneDrive)アクション名前
パスを使用したファイルのコピー(OneDrive)アクション名前
パスを使用したファイルの移動または名前変更(OneDrive)アクション名前
URL からのファイルのアップロード(OneDrive)アクション名前
ファイルが作成された時(OneDrive)トリガーファイル名
ファイルが変更された時(OneDrive)トリガーファイル名
フォルダー内のファイルのリスト(GoogleDrive)アクションName
IDによるファイル メタデータの取得(GoogleDrive)アクションName
パスによるファイル メタデータの取得(GoogleDrive)アクションName
ファイル名を取得する方法一覧

このファイルコンテンツはOneDriveに保存することも可能です。

「IDによるファイル コンテンツの取得」との使い分け

IDによるファイル コンテンツの取得」と似ていますが、下記の点が異なります。

相違点IDによるファイル コンテンツの取得パスによるファイル コンテンツの取得
取得元の指定方法ファイルのIDファイルパス
適切な場面他のアクションで取得した動的なコンテンツで取得元を指定する場合固定のファイルを取得元に指定する場合

関連記事

Power Automate 「Google Drive」の記事一覧

Power Automate アクションの使い方の記事一覧