Power Automate 「新しいイベントが作成されたとき(Office 365 Outlook)」トリガー

「新しいイベントが作成されたとき(Office 365 Outlook)」トリガーは、

Office 365 Outlookの予定表にイベント(予定)が新規登録された時に

自動フローを起動するトリガーで、

追加されたイベントの情報を通知メールを送信したり、

ファイルに記録するなどの利用方法が考えられます。

なお追加、更新、削除全てに起動するトリガーがありますが、

機能の違いはないので一つのフローで管理したいか、

操作でフローを別にしたいかで使い分けると良いでしょう。

この記事では、その使い方を紹介します。

前提条件

  • 「Microsoft 365 Business」の「Standard」か「Premium」の契約が必要です。
  • Googleアカウントを開設していてGoogle カレンダーを利用している必要があります。

利用方法

「作成」より「自動フロー」を選択

「フロー名」に任意の名前を指定し、

「新しいイベントが作成されたとき(Office 365 Outlook)」を選択します。

両方を指定すると「作成」の色が変わるのでクリックします。

「フロー名」に任意の名前を指定し、「新しいイベントが作成されたとき(Office 365 Outlook)」を選択。両方を指定すると「作成」の色が変わるのでクリック

フローが表示されるので「新しいイベントが作成されたとき」の

詳細オプションをクリックしてフローを起動する予定表を選択します。

なお、PowerAutomateでOffice 365 Outlookアカウントを利用したことがない場合は

フローの前にログイン設定を入力する画面が入ります。

後続のステップでアクションを指定すれば

予定を追加した際に特定の処理を行うようになります。

追加とトリガーには長い時で5分ほどタイムラグがあります。

注意点

PowerAutomateのアクションで作成した場合にもトリガーが起動するので

組み方によっては延々と起動し続けることになる作成

トリガーの中に極力、利用しないようにしましょう。

動的なコンテンツ

その後のステップで利用可能な動的なコンテンツは以下の通りです。

追加された予定の内容を取得できます。

項目種類説明
予定表 ID文字列イベントの識別子です。
他のアクションの利用に必要です。
件名文字列予定のタイトルを取得します。
開始時刻文字列日時予定の開始日時を取得します。
協定世界時のため日本の時刻への調整が必要です。
終了時刻文字列日時予定の終了日時を取得します。
協定世界時のため日本の時刻への調整が必要です。
タイムゾーン文字列予定の設定タイムゾーンを取得します。
必須出席者文字列自分以外の必須出席者のメールアドレスを取得します。
任意出席者文字列任意出席者のメールアドレスを取得します。
リソース出席者文字列会議室のメールアドレスを取得します。
本文文字列予定の本文を取得します。
場所文字列メールアドレス以外の任意形式の場所を取得します。
重要度文字列重要度を取得します。
・low…低
・normal…標準
・high…高
終日イベントですか?ブール・True…終日イベントである
・False…終日イベントではない
繰り返し文字列繰り返す頻度を取得します。
・none…繰り返しなし。
・daily…毎日
・weekly…毎週
・monthly…毎月
・yearly…毎年
繰り返しの終了日文字列日時繰り返しの終了日を文字列(日付)で取得します。
2020年9月15日の場合は以下のように取得します。
2020-09-15
発生回数整数繰り返す回数を取得します。
アラーム整数開始の何分前に通知するかを取得します。
リマインダーをオンにするブール・True…通知を実施する
・False…通知を実施しない
表示方法文字列予定の表示を取得します。
・free…空き時間
・tentative…仮の予定
・busy…予定あり
・oof…退席中
・workingElsewhere…他の場所で勤務中
・unknown…非公開
応答の要求ブールイベントが承認または拒否されたときに
応答を希望するかを取得します。
・True…希望する
・False…希望しない

関連記事