Power Automate Desktop 指定月の営業日数を取得する方法

2021年11月28日

Power Automate Desktopで指定月の営業日数を取得する方法を紹介します。

手順

Power Automate Desktopだけでは手間がかかるのでExcelシートを活用します。

まずExcelブックに「祝日」シートを用意してA列に土日以外の休日を列挙します。

この時、B列とC列の情報はなくても問題ありません。

またヘッダ行はなしで1行目からデータ行とします。

次に計算用のシートのB1セルに次の式を入力します。

=NETWORKDAYS(DATE(YEAR(A1),MONTH(A1),1),EOMONTH(A1,0),祝日!A:A)

A1セルに入力した日付の月の営業日数がB1セルに表示される状態になります。

Excelブックを保存後、Power Automate Desktopのフローを作成します。

1つめに「Excelの起動」アクションを設置してExcelブックを指定します。

項目設定値
Excelの起動次のドキュメントを開く
ドキュメント パス保存したブック
読み取り専用として開くOFF

次に「アクティブなExcelワークシートの設定」を設置して

計算式を入力したシートを指定します。

次に「Excel ワークシートに書き込み」アクションを設置します。

書き込む値には営業日数を取得したい年月をテキストか

現在の日時を取得する」アクションなどで取得できる日付変数を指定します。

項目設定値
書き込む値営業日数を取得したい年月。
(年月が合っていれば何日でも可)
書き込みモード指定したセル上
1
1

次に「Excel ワークシートから読み取り」アクションを設置して営業日数を取得する設定をします。

項目設定値
取得単一セルの値
2
1

最後の「Excelを閉じる」でブックを閉じます。

このフローを実行すると「Excel ワークシートから読み取り」アクションの

生成された変数に営業日数が設定されます。(初期設定では変数名ExcelData)

Power Automate Desktopを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,500ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

関連記事

「日時」の使い方の記事一覧

実用例の記事一覧

祝日一覧(毎年更新)

祝日シートはこちらのものを使用できます。

前日・月初日・月末日・月の月数を取得する方法

Web(クラウド)版での方法

Excel 指定月の日数と営業日数を取得する方法