Excel 空白や論理値も含めて最大の値を取得(MAXA関数)

MAXA関数はMAX関数の拡張版です。

MAX関数は数値しか含めませんが

数値以外の値も一定のルールで含めます。

この記事ではその仕様と使用例を紹介します。

仕様

MAX(数値1~255)

<数値1~255>
最大値を取得する数値セットをセル範囲、
またはカンマ区切りで指定。

数値以外のルール

結果
文字列(空白文字列)0
空白セル無視
TRUE1
FALSE0

使用例

空白セルが含まれる例です。

MAX関数でもMAXA関数でも無視されます。

ただし数式や関数の結果、

空白の文字列の場合は、

文字列扱いされて0になります。

空白セルが含まれる例

MAX関数では論理値を無視しますが、

MAXA関数ではTRUEが1、

FALSEが0として扱われます。

論理値の列に対して使用すると

TRUEが1つあれば1になるため

TRUEの存在判定に使用可能です。

(OR関数でも同じことが可能です)

論理値が含まれる例

文字列が含まれる場合、

MAX関数は無視しますが、

MAXA関数では0として扱います。

文字列が含まれる例

MAX関数でもMAXA関数でも

エラーが含まれるとエラーになります。

エラーが含まれる例

関連記事

初歩的な集計関数。合計(SUM関数)、件数(COUNT関数)、最大(MAX関数)、最小(MIN関数)、平均(AVERAGE関数)

関数の仕様と使い方の記事一覧