Excel 空白や論理値も含めて最小の値を取得(MINA関数)

2021年11月6日

MINA関数はMIN関数の仲間です。

MIN関数は数値しか含めませんが数値以外の値も一定のルールで含めます。

この記事では、その仕様と使用例を紹介します。

仕様

=MIN(数値1~255)
引数省略時の値説明
数値1~255省略不可最小値を求める数値を指定。
引数の詳細

数値以外のルール

結果
文字列(空白文字列)0
空白セル無視
TRUE1
FALSE0

使用例

空白セルが含まれる例です。

MIN関数でもMINA関数でも無視されます。

ただし数式や関数の結果、空白の文字列の場合は、

文字列扱いされて0になります。

空白セルが含まれる例

MIN関数では論理値を無視しますが、

MINA関数ではTRUEが1、FALSEが0として扱われます。

論理値の列に対して使用するとFALSEが1つあれば0になります。

論理値が含まれる例

文字列が含まれる場合、MIN関数は無視しますが、MINA関数では0として扱います。

文字列が含まれる例

MIN関数でもMINA関数でもエラーが含まれるとエラーになります。

エラーが含まれる例

Excelを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,400ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方、関数の解説(140種類)、

頻出テクニックと実用例(109種類)、

XLOOKUP関数、LET関数、シートビュー、スピルなど便利な新機能を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

関連記事

関数の仕様と使い方の記事一覧