Excel 数値以外も含めた平均を取得(AVERAGEA関数)

2021年11月6日

AVERAGEA関数は指定したセル範囲内の数値の平均値を取得する関数です。

一定のルールで数値以外を含めて計算するAVERAGE関数の派生関数です。

この記事ではAVERAGEA関数の仕様と

AVERAGE関数との相違点、使用例を紹介します。

仕様

=AVERAGEA(数値1~255)
引数省略時の値説明
数値1~255省略不可平均を求める数値を指定。
引数の詳細

使用例

基本的にはセル範囲を指定して使用します。

数値以外が混ざっている場合

アルファベットなど数値以外が混ざっている場合、

数値以外は0として平均されます。

基本的な使用例。(アルファベット混入)

この例ではAVERAGE関数と、このような相違があります。

関数動作
AVERAGE関数Aが無視して計算し2.5
AVERAGEA関数Aを0として計算し2.0

また半角文字の数字や全角文字の数字もアルファベット同様に0として計算します。

基本的な使用例。(文字の数字混入)

0と空白セルと空白文字列

0は平均値の計算に含まれますが、空白は無視されます。

下記の例では10÷5(空白を無視した5個)の計算になります。

このルールはAVERAGE関数と同一です。

空白セルの混入例

だたしセルの中に=""など数式を入れていると見た目は同じ空白でも0として扱われます。

空白文字列が混入する例

この動作はAVERAGE関数と相違します。

エラー値

エラーセルが混入するとAVERAGEA関数もエラーとなります。

この挙動はAVERAGE関数と同様です。

エラーが混入する例

Excelを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,400ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方、関数の解説(140種類)、

頻出テクニックと実用例(109種類)、

XLOOKUP関数、LET関数、シートビュー、LAMBDA関数、スピルなど便利な新機能を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

初歩的な集計関数。合計(SUM関数)、件数(COUNT関数)、最大(MAX関数)、最小(MIN関数)、平均(AVERAGE関数)

関数の仕様と使い方の記事一覧