Power Automate 「ファイルが変更されたとき(OneDrive For Business)」トリガー

2020年8月13日

「ファイルが作成されたとき(OneDrive For Business)」トリガーは、

OneDrive上の指定フォルダ内のファイルが変更された際に起動するトリガーです。

このトリガーは変更されたファイルのファイルコンテンツ(内容)を取得します。

この記事では、その使い方を紹介します。

前提条件

「Microsoft 365 Business」の「Standard」か「Premium」の契約が必要です。

利用方法

「作成」より「自動フロー」を選択します。

「作成」より「自動フロー」を選択

「フロー名」に任意の名前を指定し、「ファイルが作成されたとき」を選択します。

「フロー名」に任意の名前を指定し、「ファイルが作成されたとき」を選択

「ファイルが変更されたとき(プロパティのみ)」は

変更ファイルの付加情報(メタデータ)を取得する類似のトリガーです。

また「OneDrive」が個人向け、「OneDrive for Business」が法人向けライセンスです。

利用するトリガーを指定すると「作成」の色が変わるのでクリックします。

フローの作成画面に移動し「ファイルが変更されたとき」ステップが追加されるのでオプションを設定します。

「ファイルが変更されたとき」ステップ
項目必須説明
フォルダー検知対象のフォルダーを指定します。
ピッカーで指定した場合はフォルダーパスに見えますが、表示だけで中身はIDです。
指定フォルダーを削除してから、同名フォルダーを作成しても別として扱われてしまいます。
サブフォルダーを含めるいいえ…指定したフォルダーのみを検知対象とします。
はい…指定したフォルダー以下のフォルダーも検知対象とします。

動的なコンテンツ

その後のステップで指定ファイルの内容を動的なコンテンツ「ファイルコンテンツ」として

メールの添付ファイルやファイル作成などに利用します。

添付ファイルに利用する例

ファイル名は動的なコンテンツから取得できないので、下の何れかの方法で指定します。

アクション・トリガー種類動的なコンテンツ
キー入力で固定指定
ファイルが作成されたとき(プロパティのみ)トリガー名前
ファイルが変更されたとき(プロパティのみ)トリガー名前
フォルダー内のファイルのリスト(OneDrive)アクション名前
パスによるファイル メタデータの取得(OneDrive)アクション名前
パスを使用したファイルのコピー(OneDrive)アクション名前
パスを使用したファイルの移動または名前変更(OneDrive)アクション名前
URL からのファイルのアップロード(OneDrive)アクション名前
フォルダー内のファイルのリスト(GoogleDrive)アクションName
IDによるファイル メタデータの取得(GoogleDrive)アクションName
パスによるファイル メタデータの取得(GoogleDrive)アクションName
ファイル名を取得する方法一覧

関連記事

Power Automate 「OneDrive For Business」の記事一覧

Power Automate 自動フローを作成

Power Automate トリガーの使い方の記事一覧